家具を買うには?

地震に備えた家具の選び方

日本全国で地震が頻繁に発生するようになったことで、いろいろと対策をしている方も多いのではないでしょうか。
避難する際に必要なものが一式セットになって販売されているなど、人々の関心は高まっています。
さて、もしこれから家具を購入する予定のある方は、地震対策として、いくつか注意しておいた方がよいことがあります。
まず、できるだけ高さのある家具は避けた方が良いということです。
特に、食器棚やタンスなどは、縦に長いタイプのものが多いため、地震の揺れで倒れてしまう恐れがあり、大変危険です。
ですから、それほど高さがなく、自分の身長よりも低いサイズのものを選ぶ方が良いでしょう。
最近は、低めのタイプでもたっぷり収納ができるものが増えていますので、購入の際にはよく検討しましょう。
また、もう一つは、万が一の揺れに備えて、家具を固定するなどの対策を行っておくということです。
耐震用グッズは、100円ショップやホームセンターなどで売られていますので、手軽に購入できます。
揺れが起こった際にぐらつきやすいものには、壁に固定できる耐震用グッズや家具の底に貼るタイプの耐震グッズなどがおすすめです。

地震対策に有効な家具転倒防止グッズ

東北を中心として甚大な被害をもたらした震災をきっかけに、家庭においてもあらためて地震対策を施し始めているという人も多いのではないでしょうか。
一般的な家庭における地震対策としてまず考えることが出来るのは、家具の転倒防止に関する県ではないでしょうか。
巨大地震の場合は、冷蔵庫やピアノなど大きさと重量がそこそこあるタイプのものでも、時には部屋の端から端まで移動していた、というエピソードもあります。
また、倒れてくることによる人命への直接の影響はもちろん、廊下やドアなどが店頭した家具により塞がれてしまうケースも想定することが出来ます。
このような事態に備えるために、取り付けることにより家具の転倒を防ぐことが出来るグッズが、昨今では数多く販売されています。
もっとも見聞きする機会が多いのは、家具と天井の間に取り付けるグッズではないでしょうか。
このタイプのグッズは、天井ととの距離を把握しておく必要があります。

最終更新日:2016/7/1

Copyright 2015 家具を買う All Rights Reserved.